来店不要 キャッシング

来店不要キャッシングおすすめランキング

ナンバーワンはアコム!

来店不要なキャッシングは、自宅で全部手続きが出来るので来店したくない人におすすめです。

 

パソコンやスマホを使って簡単に必要書類を送ることができます!

 

条件を満たせば、電話連絡も不要の完全WEB完結で済ますことも可能!

 

今回は、来店不要でネット申し込みが出来るおすすめの消費者金融をご紹介します!

 

アコム

アコムは30日間金利無料!

 

三菱UFJフィナンシャル・グループなので、初めての人にもおすすめです。

 

アコムは24時間365日、「最短30分」で審査可能!

 

お急ぎの人も安心な即日融資に対応しています!

 

 

プロミス

 

三井住友銀行グループのプロミスなら、三井住友VISAプリペイドへ振込みキャッシングによるチャージが可能!

 

銀行やコンビニで融資や返済ができます!

 

はじめての利用なら30日間利息ゼロ。

 

50万円以下なら収入証明書類も不要

 

モビット

電話も郵送物もない「WEB完結申込」が好評なモビット。

 

ただし、WEB完結申込は、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」の口座を持っている人

 

もしくは「全国健康保険協会発行の社会保険証」「組合保険証」を持っている人のみ利用可能!

 

大手の安心感!

初めてキャッシングをする人にとっては、「消費者金融」という響きにあまり良くないイメージを持っている人がいると思います。

 

消費者金融を闇金と誤解している人もいますが、今回おすすめしている「アコム」「プロミス」「モビット」は、全て大手銀行のグループ企業です。

 

違法な取り立てをしたり、法外な利息を請求してくることもありません。

 

審査も親切で、思っているよりも簡単に手続きができます。

 

初めての人であれば、30日間は利息無料で使用することも可能です!

 

30日以内の短期のキャッシングを考えているのであれば、利息無料でお得に借り入れをすることが出来て便利です。

 

ただし、ネット申し込みの場合も、基本的には「電話連絡」が必要になります。

 

数多くの消費者金融業者の中でも、電話連絡も含めて、消費者金融との接触が一切なくキャッシングできるモビットのWEB完結申込は珍しいパターンです。

 

また、消費者金融業者にとっては、女性が利用しやすいように、女性専用デスクを設けているケースもありますので、同性の女性スタッフに案内を希望している人は、女性専用デスクがある消費者金融を選ぶのも一つの手段です。

 

 

キャッシングで必要になる書類とは?

50万円以下なら収入証明書は不要

まず、キャッシング審査では、「借入額」によって、必要となる書類が異なります。

 

50万円以下の借り入れであれば、原則として収入証明書の提出は不要となります。

 

51万円以上の借り入れをする人は、収入証明書の提出が必要になるため、事前に収入証明書を準備しておくことをおすすめします。

 

必要書類が提出できないと、借り入れができなくなってしまうため、お急ぎで即日融資を希望している人は、後で慌てないように、前もって準備をしておくようにしましょう。

 

また、複数の消費者金融からキャッシングをしている場合、借り入れの合計が100万円以上になる場合も、総量規制によって収入証明書の提出が必要となりますので注意が必要です。

 

1社で50万円以上の借り入れ、もしくは複数の消費者金融から100万円以上の借り入れをする人は、手元に収入証明書がある状態で申し込みをしましょう。

 

サラリーマンの場合は、収入証明書として源泉徴収票直近数か月の給与明細が利用できます。

 

一方、自営の場合は、確定申告の写し市民税・県民税額決定通知書が利用できます。

身分証明書は全員提出が必要

そして、キャッシングの新規申し込みをする場合、全員提出が必要になるのは「身分証明書」です。

 

一般的に、キャッシングの新規申し込みでは、「顔写真つきの身分証明書」が有効です。

 

一番確実なのは運転免許証ですが、顔写真がない健康保険証などしか持っていない場合は、「住民票」「公共料金の領収書」「納税証明書」などをあわせて提出することを求められるケースが多いです。

 

運転免許証は、どこの消費者金融でも身分証明書として利用できますが、顔写真がない身分証明書については、消費者金融によってそれぞれ提出しないといけない書類が異なることもあるため、事前に確認しておくようにしましょう。

 

必要書類は、郵送で送ることもできますが、即日審査などで急いでいる場合などは、メールや専用アプリなどで送信することができます。

 

メールや専用アプリでの操作が難しいという場合は、FAXで送ることも可能です。

 

身分証明書を提出しないことには、融資をしてもらえないため、キャッシングを検討している人は、身分証明書は早めに用意をしましょう。

 

郵送になった場合は、消費者金融業者の方で確認ができてからの融資になるため、お急ぎ融資を希望している人は、出来るだけ郵送以外の方法を利用するのがおすすめです。

 

キャッシングでよく聞かれる「総量規制」とは?

借入額は年収の3分の1まで

消費者金融から借り入れをする場合、「総量規制」という言葉をよく耳にします。

 

銀行以外のノンバンクの借り入れを対象とした総量規制は、借り入れ額のMAXを年収の3分の1までに制限した法律です。

 

1社であっても、複数の借り入れであっても、借入額の合計が年収の3分の1までになります。

 

総量規制は、借り過ぎによる無理な借金で苦しまないようにするために作られた法律です。

 

そのため、総量規制の範囲内の金額を借り入れることが重要です。

 

例え大きな借り入れが出来たとしても、最終的には「返済」が待っています。

 

借りた分が大きければ、それだけ返済も大変になります。

 

実際、消費者金融に借り入れを行い、返済が難しくなってしまうケースも少なくありません。

 

多重債務になり、返済ができなくなってしまうと、最終的には「自己破産」などの債務整理が必要になる可能性が出てきます。

 

誰でも最初は、「返済できる」と思って借り入れをしていると思いますが、人生の途中で、リストラ・転職・離婚・災害などの事情によって、返済が難しくなってしまうケースも出てきます。

 

そのため、借り入れ額は、「無理のない範囲」で設定することが非常に重要になってきます。

 

偽りの申告は絶対にNG!自己破産ができなくなる可能性も!

特に気を付けたいのが、虚偽の申告によって借入額を増やすケースです。

 

基本的に、50万円以下の借り入れであれば、収入証明書は不要になります。

 

そのため、虚偽の申告が審査を通ってしまうこともあります。

 

こうした虚偽の申告によって、借り入れを繰り返し、雪だるま式に借金を重ねた場合、万が一、返済が苦しくなってしまい、自己破産などを検討しても、「免責されない可能性」が出てきます。

 

免責を得るためには、「管財事件」として扱う必要がでてくるため、通常の自己破産の費用に加えて、管財費用20万円がプラスで必要になる可能性が出てきます。

 

この管財費用の20万円というのは、自己破産の状況に追い込まれた人にとっては、非常に大きな金額で、実際に自己破産をするのに大きなハードルとなります。

 

そのため、消費者金融から借り入れをする際には、虚偽の申告はしないようにしましょう。

 

虚偽の申告による借り入れが、債務整理をする時には、大きな障害になりますので、軽い気持ちで申告をしないようにしましょう。

 

虚偽の申告により借り過ぎてしまうと、将来的に苦しむことになるのは「自分」です。

 

自分が借りられる範囲で、本当に必要な金額だけを借り入れるようにしましょう。

 

 

 

女性も気軽に挑戦できる?

女性専用キャッシングならスタッフも女性!

キャッシングを利用している人は、男性だけではありません。

 

女性の利用者もかなり多くいます。

 

女性の場合、初めて借り入れをする時に、「男性スタッフだと気を遣ってしまう」と心配になる人も多いと思います。

 

「お金」の話をするのは、ただでさえ話しにくいことなので、やはり同性の方が話しやすいと思います。

 

そんな時は、「女性専用キャッシング」がおすすめです。

 

現在は、多くの消費者金融で女性スタッフが対応している女性専用キャッシングがありますので、男性スタッフには言いにくいという場合には、女性専用キャッシングを利用することをおすすめします。

 

ただし、女性専用キャッシングを利用しなくても、経験のある男性スタッフは親切で頼りになるため、十分に対応してくれます。

 

どちらというと、スタッフの「性別」よりも、「声質が明るい」「経験」があるスタッフに当たった方が、審査で嫌な思いをしないで済みます。

 

スタッフによって、声質が暗く、話し方が冷たく感じるケースもありますので、一概に女性スタッフの方が良いとも限りません。

 

ただし、同性のほうがやっぱり話しやすいという場合には、やはり女性スタッフに対応してもらったほうが安心感があると思います。

 

専業主婦は借り入れができないので注意!

また、消費者金融のキャッシングを利用する際に気を付けたいのは、「本人に収入がない専業主婦」は借り入れをすることができないという点です。

 

総量規制では、「年収の3分の1」までを借り入れ上限としていますが、あくまで「本人の収入」を前提としています。

 

つまり、収入のない専業主婦は、旦那さんの収入をアテにして借り入れをすることが出来ないのです。

 

アルバイトをして本人に収入がある兼業主婦であれば、借り入れをすることができます。

 

無収入の人は、旦那さんに収入があっても、総量規制の対象となる消費者金融のキャッシングは利用できないので注意が必要です。

 

本人に収入がない専業主婦の場合は、総量規制の対象外である、銀行のカードローンなどで借りる方法があります。

 

ただし、銀行のカードローンを、旦那さんの収入で申告する場合、旦那さんに了承を得ることが必要になるため、旦那さんに内緒で借り入れたりすることはできません。

 

本人に収入があれば、低収入だろうが、アルバイトだろうが、総量規制である年収の3分の1の範囲内で融資をしてもらえるので、収入がある人は可能性があります。

 

キャッシングを急ぐ場合の注意点!

ネット申込だと時間がかかる場合も!

実はネット申込の場合、その時々の状況によっては、審査開始までに時間がかかってしまうケースがあります。

 

消費者金融のHPでは、「最短30分」などと記載されているので、「早く対応してもらえる」と期待をしている人も多いと思います。

 

しかし、ネット申込者が多い時期などは、消費者金融から電話連絡がくるまでに時間がかかってしまうことも多々あります。

 

そのため、ネット申込をする人で、「お急ぎ」を希望している場合は、消費者金融が指定しているお急ぎ専用のコールセンターまで連絡を入れる方が安心です。

 

ただネット申込をしただけでは、お急ぎ審査に対応してくれないため、キャッシングを急いでいる人は注意が必要です。

 

遅い場合は、翌日に電話連絡が来ることも多いので、即日融資を希望している人は注意が必要です。

 

どこの消費者金融も、一般的に13時〜14時までに審査を完了した場合に即日融資に対応しているため、14時過ぎても電話連絡が来ない場合は、即日融資が出来ない可能性が出てきます。

 

そのため、即日融資を希望している人は、出来るだけ午前中の早い段階に申し込みを済ませて、お急ぎ指定のコールセンターに電話することをおすすめします。

 

キャッシング審査が込み合う時期は注意!

また、消費者金融にも「繁忙期」「閑散期」があります。

 

新生活やGWなどで何かとお金がかかりやすい春(4月や5月)や、大型連休でお金がかかりやすい夏(8月)、お金がかかりやすい年始年末(12月)などは、キャッシング業界では、一般的に繁忙期となります。

 

1年の中でも特に忙しい時期になので、ネット申し込みによる本審査の電話連絡が遅くなる可能性があります。

 

どんなに遅くても、申し込みの翌日〜翌々日には電話連絡が来ることが多いです。

 

そのため、これらの繁忙期に新規の借り入れを検討している場合は、1日〜2日の余裕を見てネット申し込みをするのがおすすめです。

 

もしくは、消費者金融の指定しているお急ぎ専用ダイヤルに連絡入れるのが確実です。

 

ネット申し込みの電話連絡を待ちきれないという人は、お急ぎ専用ダイヤルにかけてしまった方が、精神的に楽な場合もあります。

 

また、消費者金融は、大型連休やイベントが少ない6月が閑散期と言われています。

 

この時期は、あまり審査が込みあうことがないので、ネット申し込みでも比較的早く審査が進む傾向があります。